武蔵小杉店 H220127

はじめに

交通の要衝として,近頃ますますその重要性を増してきた武蔵小杉.
その傍らを,幾千の時を経てこの土地に住む人々の
数多の欲望を飲み込んで流れる多摩川の近くに,
愚生は日々,不思議な魅力の存在を感じていた.
そこは,我が師匠が祖国の味を求めて訪れた店.そして巷の賞賛も軽蔑をもすべてを
飲み込んでいる店であった.

そこに何が待っているのかわからない.
あるいは何も待っていないかもしれない.
しかし,いままで訪れたことのない場所は,
ただそこに訪れるだけでも,新しい世界が見えるかもしれないと
愚生は信じていた.

より大きな地図で ラーメン二郎 武蔵小杉店 を表示

レポート

二郎への道を急ぐ男たち.

武蔵小杉から歩いて10分弱.よくやくたどり着いたそこは,恐ろしいほどすいていた.

左:ラーメン小(野菜・ニンニク・カラメ)  右:豚ラーメン(野菜・ニンニク・カラメ)

麺は(二郎にしては)かなり細め&くたくた.
小麦由来というよりもむしろ,米由来の麺を連想させる食感.
極太麺の二郎を食いなれたJLにはいささか物足りない.
豚は脂身ふわふわとろとろのバラ肉.ごろごろとカットされているが,
口に入れると直ちにとろけてしまう.
野菜はモヤシ率ほぼ100%ゆで加減は柔らかめ.
全体的に脂肪分が多い.

(※上記のすべてのパラメータは個々人の嗜好によって善し悪しが判断されるべきであり,上記文章中の善し悪しの判断はすべて小生の主観によるものであります.)


JLの二郎ランキング(H220127現在)

  1. 府中
  2. 京都
  3. 八王子野猿街道2
  4. 京急川崎
  5. 関内
  6. 仙川
  7. 新宿小滝橋通り
  8. 武蔵小杉