品川店 H230805

正式なJMとしては実に半年ぶりの開催となった.
それもこの永い沈黙を破るべきキャッチーな前日譚の無い
品川店が会場となったことは,JMという存在が著しい内的な
円熟を遂げたことを暗示している.
愚生らはここで二郎文学との邂逅を果たすことになる.


より大きな地図で ラーメン二郎 品川店 を表示
大師匠による本日のレポート

品川駅前の近未来的な街並みを抜け,二郎へと歩を進めるJM参加者.
既に豊富な二郎経験を持つ有力新人,棚橋氏も加勢.

JM史上,横浜関内店に次ぐ長蛇の列.入店まで少なくとも40分はかかった.回転は遅め.

多忙につき,遅れての参加となった府中派小川氏.

ラーメン小(700円)麺少なめ 無料トッピングコール:ニンニク


麺は二郎標準の太さで微かに縮れ気味.
ゆで加減はやや固めで,味わいある歯ごたえ.
豚は正確な部位は判然としないものの,脂身は少なく,
しっかりとした味付け.
丁寧に煮込まれており,食べるとほろほろとほどけていく.
野菜はモヤシとキャベツが半々程度で,ゆで加減は柔らかめ.
野菜自身は慎ましく脇役に徹し,麺の食感を引き立て,またスープに甘みを与えている.
スープは醤油が効いているものの,相応に脂肪分も多く含有しこってり.
全体的にしっかりとした濃い味で,それぞれの要素が高度にバランスされている.
二郎の奥深さを改めて思い知った一杯であった.
(※上記のすべてのパラメータは個々人の嗜好によって善し悪しが判断されるべきであり,上記文章中の善し悪しの判断はすべて小生の主観によるものであります.)


二郎コピペ

とりあえず,まとめサイトのリンク張っときます.
ピンキリなので,いずれJL的傑作選を作りたい.

JLの二郎(系)ランキング(H230805現在)

  1. 府中
  2. 八王子野猿街道2
  3. 京都(二郎系)
  4. 湘南藤沢
  5. 品川
  6. 鶴見
  7. 新宿歌舞伎町
  8. 京急川崎
  9. 関内
  10. 仙川
  11. 新宿小滝橋通り
  12. 武蔵小杉